株式会社オートプロジェクト

Columnコラム
カテゴリーから探す
アーカイブから探す
2023年4月3日
CSS|要素の一部だけ全画面表示にする方法

親要素にinnerで幅指定がついている場合などに、その子要素の一部だけ画面いっぱいに表示させるには、親要素から子要素を出してコーディングをする方法をとるなど、少し手間がかかる場合があります。

そんな場合に、CSSで一部の子要素だけ画面いっぱいにする方法があります!

イメージはこちら

設定は簡単です!

画面いっぱいにしたい子要素に、CSSの以下を記述してください。

width: 100vw;
margin: 0 calc(50% - 50vw);

width: 100vwだけだと以下のようにずれてしまうので、margin: 0 calc(50% – 50vw);で正しい位置に調整します。

margin: 0 calc(50% – 50vw)で何をしているかというと、

これは、

①親要素の半分の幅だけずらす(margin-left:50%)

②画面幅の半分の幅だけ戻す(margin-right:-50vw)

の指定をしてます。

イメージは、以下

親要素の半分の幅だけずらす(margin-left:50%)

画面幅の半分の幅だけ戻す(margin-right:-50vw)

また、その中のコンテンツだけは親要素に収めたい場合

padding:0 calc(50vw - 50% );

margin指定の反対の数値を入れると、子要素の中のコンテンツ(テキスト等)は親要素の中に収まってくれます。

ぜひ試してみてください。