株式会社オートプロジェクト

Columnコラム
2024年6月5日
Shopify の商品関係のAPIの考え方

Shopify の商品関係のAPIの利用に関しての考え方

Shopifyの商品関係のAPIで、概念が他サービスのAPIと違っていたのでメモです。

  1. Shopifyの商品IDには、product_id と variant_id があり、variation でなくても variant_id が振られる
  2. Shopify では、在庫更新に inventory_item_id を利用する。product_idやvariant_id は使えない。product_idやvariant_idを使用して在庫更新のAPIを利用しても Not Found になる
  3. inventory_item_id は下記のAPIで取得できる
    /admin/api/2023-10/variants/variant_id.json
    /admin/api/2023-04/products/product_id/variants.json
  4. Shopifyにはlocation_idの考え方もあり、在庫更新APIを利用する時はlocation_idを取得必要。これは、管理画面のローケーション詳細のURLから取得できる
  5. Shopifyには販売チャネルが複数持てるが、APIで登録する時に、販売チャネルに追加したい時はpublication_id を取得して設定する必要がある