株式会社オートプロジェクト

Columnコラム
  • TOP
  • コラム一覧
  • CSSプロパティ「font-feature-settings」を使用して文字詰めをする方法
カテゴリーから探す
アーカイブから探す
2023年4月12日
CSSプロパティ「font-feature-settings」を使用して文字詰めをする方法

字間を調整するCSSプロパティには「letter-spacing」がありますが、今回は自動カーニング(文字詰め)ができるCSSプロパティ「font-feature-settings」を紹介します。

font-feature-settingsのメリット

①「」や 。(句読点)の余白をつめることができる
②文章をひきしめてコンパクトに収めてくれる。

font-feature-settingsが使用できる条件

以下の条件でfont-feature-settingsが使用できます。

〇OpenTypeフォントであること※文字ごとの字詰め情報を持っているフォント
〇プロポーショナルメトリクスの情報を含んでいる事※書体ごとに最適な詰め組を行うためのOpenTypeフォントの機能

font-feature-settingsが効くフォントの例

〇ヒラギノ、游ゴシック、Noto Sans(CJK)JP、Webフォントなど

font-feature-settingsが効かないフォントの例

〇メイリオやMS Pゴシックなど

設定は簡単です。以下のプロパティを設定するだけです。

セレクタ{
font-feature-settings: "palt";
}

設定した場合と設定していない場合の違いは以下になります。

font-feature-settingsプロパティとletter-spacingプロパティで字間を調整することで、より読みやすくきれいな文章になります。ぜひ活用してみてください。