株式会社オートプロジェクト

Columnコラム
  • TOP
  • コラム一覧
  • 弁理士事務所のWebサイトには「TEGARU(テガル)」がおすすめ
2024年5月13日
弁理士事務所のWebサイトには「TEGARU(テガル)」がおすすめ

弁理士事務所において、Webサイトの必要性を特に感じていない場合

弁理士事務所において、既存のクライアントや知人からの紹介などを通じて充分な新規顧客が獲得できている場合、Webサイトの開設は急務ではないと考える方も多いかと思います。

被紹介者が調査する際の不便さ

しかし、紹介を受けた人々が参考程度にでもその弁理士事務所を調べた際に、公式のWebサイトがないという状況は、情報収集が難しくなるという点において少なからず不便です。また、公式Webサイトの不在は信頼性の面でも問題を引き起こす可能性があります。

信頼性確保に費用をかける難しさ

そうなると、弁理士事務所がWebサイトを持つことの必要性は理解したものの、費用をかけるのは集客が主な目的の場合がほとんどになるのではないでしょうか。

「信頼性確保」だけのために予算を取るのは難しく、特に、その費用が売上に直接影響しない場合、負担は大きくなりがちです。

「TEGARU(テガル)」の活用

そこで、1万円台からWebサイトの開設が可能な「TEGARU(テガル)」が役立ちます。

一般的な無料サービスとは異なり、「TEGARU(テガル)」は弁理士向けに設計されたテンプレートが用意されているため、必要な情報を埋めるだけで業界標準の高品質なデザインによるWebサイトを開設することができます。

独自ドメインの利用

さらに「TEGARU(テガル)」を利用すると、独自のドメインを使用することができます。

独自ドメインを運用することは、プロフェッショナルで信頼できる存在であることを示す重要な要素です。メールアドレスなども含め、独自ドメインを持つことでクライアントや顧客に安心感を与えることができます。

「TEGARU(テガル)」の活用を

このように、「TEGARU(テガル)」を活用することで、費用をかけずにクオリティを確保したWebサイトを開設することが可能です。

弁理士事務所がWebサイトを持つことの必要性を感じた場合は、まずは「TEGARU(テガル)」を活用して信頼性の高いWebサイトを構築することをおすすめします。

▶「士業向け(ブログあり)」を詳しく見る

▶「士業向け(ブログなし)」を詳しく見る

▶「TEGARU(テガル)」のテンプレート(デザイン)一覧を見てみる


弁理士事務所において、Webサイトの必要性を感じている場合

弁理士事務所がWebサイトを利用して集客する効果的な方法のひとつとして、事例の紹介が挙げられます。

有益なコンテンツの作成

弁理士であれば、顧客になり得る人々が知りたい知的財産権に関する情報、成功事例や実績、法的な最新情報といった有益なコンテンツを作成することが重要です。これにより、潜在的な顧客に対して価値を提供し、信頼を築くことができます。

顧客へのリーチ

近隣にいる弁理士事務所に依頼を検討している方々に、このような記事やWebサイトが目に入れれば、それが依頼へとつながる可能性があります。

費用対効果の難しさ

そこで、Webサイトの開設を検討することになりますが、難しいのが費用対効果の測定です。Webサイト開設に大きな費用がかかる場合、利益がそれ以上に得られるかどうかは未知数です。

「TEGARU(テガル)」の活用

この問題は、「TEGARU(テガル)」を利用することで解決することができます。

低価格での開設

「TEGARU(テガル)」は1万円台からWebサイトを開設可能であるため、費用をかけずに始めることができます。

信頼性の確保

また、「TEGARU(テガル)」は無料の一般的なサービスとは異なり、弁理士向けに特化したデザインや機能を提供しています。これにより、信頼性の高いWebサイトを作成することができます。

「TEGARU(テガル)」の活用を

弁理士事務所におけるWebサイトを通じた集客は、以下の2点が重要です。

  1. まずは費用をかけずに始めてみる
  2. 有益なコンテンツを作成すること

これらを実行するために、「TEGARU(テガル)」をぜひ有効にご活用ください。

▶「士業向け(ブログあり)」を詳しく見る

▶「士業向け(ブログなし)」を詳しく見る

▶「TEGARU(テガル)」のテンプレート(デザイン)一覧を見てみる